FC2ブログ

最近の芸能ニュース

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芸能人ブログランキング

2007年10月14日(日)

亀田史郎氏のライセンス剥奪か!?JBCは厳罰処罰も含めて検討中

プロボクシングWBC世界フライ級タイトルマッチ(11日)での悪質な反則行為問題で渦中の亀田家に対し、東日本ボクシング協会(大橋秀行会長)が、厳罰処分の中で最も重い「ライセンスはく奪」も検討していることが13、分かった・・・ranking


15日の理事会での緊急討議で具体的な処分を決め、協会の総意として日本ボクシングコミッション(JBC)に要望書を提出する。
大橋会長は「はく奪は最悪のケースだが、(少なくとも)処分は免れない」としている。

亀田家に前代未聞の厳罰処分が下される可能性が出てきた。
大橋会長は「厳しい意見が多い。最も多いのが、亀田史郎トレーナーのセコンド・ライセンスのはく奪です」と明かした。

13日までに北日本、西日本、中日本、西部の各地区協会から大橋会長のもとに厳重処分の
要望が相次ぎ、亀田家の協栄ジムも属する東日本協会としても看過できなくなったという。

亀田史郎トレーナー(42)をめぐっては、世界戦で敗れた二男・大毅(18)への反則行為の指示疑惑が掛けられている。
同協会は大毅が犯した反則行為よりも史郎氏の中継中に拾われた発言を問題視。
すでにテレビの音声で指示の実態を確認したという。

ライセンスはく奪は、原則的には刑事事件で実刑が科された者などに適用される罰則で、試合での反則行為に適用された例はない。

大橋会長は「個人的にも常識的にも、亀田家は悪質な反則があったとはいえ、はく奪処分は重すぎると思う。ぼく自身は亀田家を買っているが、これだけ意見が多ければ、検討事項として考えざるを得ないだろう」(中略)

15日の理事会は当初、処分の討議が予定されていたが、亀田家所属の協栄ジム・金平桂一郎会長を除く11人の理事はすでに「処分決定」で一致。
理事会では討議を行わずに具体的な処分内容を決めて、実際に処分を下すJBCに要望書を提出する方針を固めた。

亀田家にとって事態は予想以上に厳しいものとなってきた。

(引用:報知読売)

内藤大助vs亀田大毅の試合中に、史郎トレーナーが反則を指示したことがテレビの音声によって確認されたそうです。
史郎トレーナーには厳罰処分の可能性も出てきました。
また大毅選手に対しても、なんらかの処罰が下されるかもしれません。

スポンサーサイト

芸能人ブログランキング
















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。