最近の芸能ニュース

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芸能人ブログランキング

2007年10月17日(水)

亀田大毅・史郎氏・金平会長の謝罪会見インタビューの内容とは

世界戦での悪質な反則行為問題で1年間のライセンス停止処分を受けたボクシング亀田大毅(18)=協栄=が17、父の史郎トレーナー(42)、協栄ジムの金平会長とともに東京都内の日本ボクシングコミッション(JBC)で謝罪会見した。

頭を丸めて会見場に現れた大毅はずっと下を向いたまま。最初の質問で今の心境を聞かれたが、下を向いて頭を数度横に振っただけで、ひと言も声を発することなく会見場を後にした。

亀田陣営の発言要旨は以下の通り・・・ranking


――(対戦相手の)内藤大助選手への謝罪の前にJBCに来るのは反対なのでは
金平桂一郎会長「内藤選手へは日を改めて謝罪したい」

――大毅選手の1年間の出場停止処分は重いとしていたが
史郎氏「処分は仕方がない」

――11ラウンドの前に反則を指示したとされているが
史郎氏「してはいません」
――具体的には
史郎「最後はポイントも取られているから悔いのないように戦え、と。
あとは(マスコミが)どう捉えようが自由だが、おれらは言ってない」

――これまでの亀田家のパフォーマンスやボクシングスタイルについて
史郎氏「スタイルはとりあえず自分らのスタイルなんで。反則行為のことは指導していくつもりです」

――これまでの過激な発言については
史郎氏「わかりません」
金平会長「結果が全て。今回の結果は負けたのですから、どんな批判も仕方がない」

(引用:ヘッドラインヤフー)

亀田大毅、史郎氏、金平会長のインタビューでした。
大毅さんは一言も口を開きませんでしたね。精神的なショックが大きかったのかもしれませんね。
父・史郎氏も、珍しく素直に謝っていました。
亀田家は今後も長男・興毅、三男・和毅の試合がありますし、このショックがいい方向に向かうことを望むばかりです。
スポンサーサイト

芸能人ブログランキング
















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。