最近の芸能ニュース

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芸能人ブログランキング

2007年10月18日(木)

「アッコにおまかせ!」で初音ミク特集のはずが”オタク叩き”でユーザーや制作会社が激怒

歌詞とメロディを入力するとバーチャルアイドルが本物の人間のように歌ってくれることで人気のパソコン用ソフト「初音ミク」。

14日に放映されたTBS系「アッコにおまかせ!」もこの初音ミクについて紹介したが、その内容にネットユーザーからは「初音ミクをダシにオタクを叩いて視聴率稼ごうとする浅はかで悪意ある構成」「初音ミクがマスコミの印象操作に使われてしまった」など批判が集中している・・・ranking


批判の的となっている番組は14日のお昼に放映されたもの。
“オタクの聖地”東京・秋葉原での街頭インタビューでアイドル「初音ミク」の人気を紹介やさらにユーザーが制作したオリジナル曲を演奏するなど、「初音ミク」について解説していた。

番組はその後、「初音ミク」ユーザーに焦点を合わせた内容に一転。
ユーザーの「3次元には興味がない」といったコメントや、ユーザーがコンビニでアルバイトをしていることについてナレーターが「ふーん、ご立派ですねえ」と発言するなど、「初音ミク」とは無関係の内容となっている。

取材を受けた別の初音ミクユーザー、Otomaniaさんのブログによると、取材段階では和田アキ子さんの名曲「あの鐘を鳴らすのはあなた」をOtomaniaさんが制作し、初音ミクに歌わせる予定であったとしている。

また同ブログにはユーザーからの「馬鹿にするつもりだったのがあまりにも出来が良くて、(番組制作側にとって)面白くないから無理矢理放送しなかったようにしか見えない」とのコメントも掲載している。

「初音ミク」の企画制作を担当したクリプトン・フューチャー・メディア社の佐々木渉さん(27)も、この番組内容について同社の公式ブログで「余りにも幼い、、、初音ミクやニコニコ動画などのムーブメントに対する喧嘩の売り方に呆れてしまいます」と怒りをあらわにしている。

(引用:ヘッドラインヤフー)

人間の声で歌ってくれるソフト「初音ミク」を扱った和田アキ子の番組「アッコにおまかせ」に批判が集まっているようです。
また、「初音ミク」の制作会社のクリプトン・フューチャー・メディア社によると、当初の予定とは大きく異なる番組になっており、コメントなどを恣意的に使われたとコメントしています。

亀田ブームを煽ったことで批判を受けたTBSですが、元々の捏造や恣意的な報道姿勢を直さないと、今後もこういったニュースが続くことになりそうです。
スポンサーサイト

芸能人ブログランキング
















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。