最近の芸能ニュース

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芸能人ブログランキング

2007年10月12日(金)

ガッツ石松が内藤vs大毅戦を分析「結果は予想以上だった」

(以下、内藤大助vs亀田大毅についてのガッツ石松氏のコメント)

私は事前に「7対3で内藤有利。亀田に勝機があるとすれば5回まで」と予想したが、結果は予想以上だった・・・ranking

亀田は序盤、倒してやろうという意気込みからベタ足ガードを固めて前にでていったが、ただそれだけだった。

この戦法自体はマイク・タイソンが得意としており、悪くはないが、絶対条件として左ジャブを出しながら頭を振り、次の攻めにつながるような動きをしなければならない。
しかし、亀田は意気込みが力みにつながってしまい、まったく手数が出なかった。

ベタ足で出すパンチは派手だが切れがなく、流れてしまう。だから、当たっても効かない。
途中から試合がK-1のようになってしまったが、最終回の減点も、まさに若気の至りということなのだろう。

反面、内藤は足を使い、常に左右に動いて左ジャブが出ていた。
「左は世界を制す」という格言があるが、左ジャブがよく出ているということは、リズムがとれているということ。
これがボクシング、という戦い方をしていた。

まさにキャリアと実績が若さを上回った結果だ。
よく「心技体」というが、その中でも大事なのは、「心」だ。
パフォーマンスだけならともかく、亀田は先輩への敬意を示さなかったり、相手に屈辱感を与えるような言動をするべきではない。

力及ばなかったが、気力とスタミナは大したもの。まだまだ発展途上だし。
キャリアを積めば成長するだろう。
ただし、実力の世界はパフォーマンスでは何事もなしえない、ということが、この試合で実証された。
(引用:報知新聞)

ガッツ石松さんがプロボクサーの目で試合を分析しています。
試合前にはアンチ亀田として「これで(内藤に)勝ったら実力を認めてやる」とコメントを出していたガッツさんですが、敗れた亀田大毅の将来性を認めるような発言もしていますね。
スポンサーサイト

芸能人ブログランキング
















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。